乙仲通界隈プロジェクト委員会

a0271438_2045939.jpg

概要
乙仲通とは、神戸市中央区の“栄町通”と“海岸通”の間を東西に通っている約800mの通り。
昭和30年代のレトロな外観の建物の中に、カフェ・雑貨店・本屋さん・アトリエやギャラリーなどが軒をつらねている。
そのビルディングのオーナーや古くからの商店主が集まり
乙仲通を神戸らしいファッションとアートの街として定着させたい
街を盛り上げようとのおもいから委員会を設立。

所在地
神戸市中央区
SPC栄町印刷株式会社 内


活動内容
レトロビルのひと部屋ひと部屋に脈絡なく個性的なお店が入居しており、しかも店主同士に横のつながりはあまり無い。個人プレー状態だが、空気感やあり方は共鳴しあっているようにかんじる。
その独特の雰囲気をたいせつに、さらに発展させようとビルオーナーら35名により設立された組織。
乙仲アートプラットフォームや神戸市文化交流部、神戸青年会議所などとの横のつながりも持ち、神戸ビエンナーレや乙仲ハイカラまつりなど、イベント・アート活動に共同参画している。

具体的活動
◯乙仲マップの作成
乙仲マップは、神戸乙仲通を、たくさんの方々に知って頂き来ていただきたいと願い綿密に作成。
観光客が買い物や食事・アート鑑賞を楽しめるよう、約270店舗をリストアップ。5万冊作成。
乙仲界隈プロジェクト委員会事務局や、JR元町駅、神戸市内のホテル、神戸市内各インフォメーションセンターで無料配布。

◯神戸ビエンナーレでのアートイベント
『乙仲アート散策・ぶらっ!と乙仲』と題し、アーティストトークやワークショップを神戸ビエンナーレ実行委員会と共催。

◯乙仲ハイカラまつり
神戸ファッション専門学校生による「乙仲コーディネートグランプリ」や、通りのイメージと新しい神戸を意識した商品を発信する
「乙仲スタイル」、神戸芸術工科大学生や芸術関係者らが、店の入口や店内にアート作品を展示する「乙仲アートストリート」と3つのイベントを展開。
神戸青年会議所との共同イベント。

◯フリーペーパー「神戸元町 美少女乙仲通り」の発行・協力
2012年7月にはファッション誌と同等に大型化させ、より神戸らしいセンスに仕上げる。


発足
2010年


運営
乙仲通界隈プロジェクト委員会


発見
乙仲通り 伊藤ビル1階 ダイニング CLINC
カウンター横に 冊子「神戸元町 美少女乙仲通り」が置いてあって。
オーナー:亜姫さんにお話うかがって。

乙仲通界隈プロジェクト実行委員会 委員長 道上さんに取材して。


紹介サイト
http://otsunaka.6.ql.bz/index.html
[PR]