通天交響楽団

イーゼル芸術工房のメンバーの内の8名で結成された、大阪通天閣史上初のオフィシャルバンド。
大阪・新世界にそびえる通天閣は、2010年7月3日に
100周年を迎えます。
通天閣観光の高井隆光副社長が通天閣界隈をさらに盛り上げようと
イーゼル芸術工房に、通天閣展望台や3階特設ステージなどでの
ライブを提案し「大阪から世界へ」元気を発信するバンドとして
音楽活動を開始しています。

ゴールデンウイーク期間中の5月3日にはお披露目ライブを開催。
通天閣100周年記念ソングを発表。
ジャズ調で「これまで100年間愛してくれてありがとう。
これからの100年、通天閣100周年記念ソングともども、
よろしくお願いいたします!!」の思いとともに、
通天閣の展望台にて、全6曲の大阪の魂を吹き込んだオリジナル
ソングを、こころを込めて披露しました。

また、「幸福の神様」として親しまれ、5月に惜しまれつつ引退し社長室で保管されていた2代目のビリケン像が
「通天交響楽団」に仲間入り。第2の人生を歩むことに!
通天交響楽団の9人目のメンバー!
32年間、たくさんの人たちに、幸せやラッキーを届けた
ビリケンさんは、これからも、通天交響楽団とともに、
たくさんの人にラッキーパワーを届けます!!
ライブステージにともに出演するほか、ご来場の皆様にも足の裏を触ってもらって、変わらぬ幸運をお手元にお届けします。
メンバーの竹下壽晃さんは
「できれば東日本大震災の被災地もみんなで訪ねて、
ビリケンさんと一緒に元気と笑顔を届けたい」と語っています。



通天閣でのライブ情報は、「通天閣Blog」に随時掲載。
http://www.tsutenkaku.co.jp/blog/


通天交響楽団のNEWS掲載サイト
◯読売新聞 YOMIURI ONRINE 2012年6月18日掲載
◯あべの経済新聞 ウェブサイト 2012年05月03日掲載



通天交響楽団メンバーは、イーゼル芸術工房での路上ライブ活動も並行させながら、
CDリリースに向けての作業中。

『去年のぼくたちは、ちょうど今頃、
釣りでなんとか食料を確保出来ないかを模索しておりました…。
人生、何があるか本当にわかりませんが、
今日も精一杯あがこうと思います。』


通天交響楽団は本格的活動を始動しております!
大阪府内だけでなく、全国各地で演奏会を開催いたします。
[PR]
by kaerugumi | 2012-08-07 05:58 | 音楽