秀次倶楽部

概要
豊臣秀次のことを、もっと知ってもらいたい。
そうして、秀次をキーワードにして、
私たちの住む近江八幡のすてきなことも、
もっと知ってもらいたい。

古き商家と水郷のまち、近江八幡。
水を重んじ、近江商人を輩出した町・近江八幡の開町の祖である豊臣秀次をキーワードに、これまで引き継がれてきた歴史や文化、まちづくりが世代で分断されることのないよう、人と人をネットワークでつなぎ、広く市民を対象にまちづくりに関わる事業などを行うことで、豊かな地域社会づくりに寄与することを目的とする倶楽部です。

a0271438_8215391.jpg所在地
滋賀県近江八幡市

開催日
毎日

活動内容
琵琶湖の南に位置する近江八幡市は豊臣秀次がここに城下町を作ったことがはじまりです。
豊臣秀吉の甥にあたり、秀吉のあと関白をつとめました。そんなに有名な人物の甥であり跡継ぎたったのに、ほとんど知られず、また一面では「殺生関白」と評されています。秀次は、この近江八幡で町民、商人のための理想的なまちづくりをめざしました。そして上水道の整備された町がうまれ、近江商人が日本中に進出する基盤を作りました。
「秀次倶楽部」は歴史に埋もれた人物である豊臣秀次を知ってもらうための情報を発信しています。豊臣秀次を通して、近江八幡の情報を発信し、活力あるまちづくりを目指して活動しています。


具体的活動
〇勉強会

〇研修旅行

〇講師(近江八幡市立資料館館長・ヨシ笛演奏者 他)・琵琶法師を招いての秀次について語る講演会主催

〇近江八幡市立図書館 2階ホールでの秀次パネル展

◯金魚すくい大会 近江八幡大会の主催
成績上位者には賞品多数!
参加費無料
大人・子供の部、上位各2名は 大和郡山市での全国大会に
エントリーされます

〇八幡堀まつりに協力し、「野外上映会」を開催

〇子供会と近隣の皆様との交流会を開催

〇八幡瓦版仄仄通信の発行
年1回発行。活動予定、活動報告などを広く会員以外の皆さんにも知っていただけるよう発行しています。近江八幡市内に折り込み、また、観光案内所などに設置しています。

◯秀次法要
八幡山 村雲御所瑞龍寺にて
会長、会員が出席


発足
平成6年8月


運営
特定非営利活動法人 秀次倶楽部事務局


発見
ネット検索


紹介サイト
http://www.hidetugu.jp/index.html
[PR]
by kaerugumi | 2013-01-01 01:20 | 歴史