「かえるぐみ 新潟」 クリエイティ部

概要
街に影響力のある面白くて深くて楽しい部活動と出会い、空き店舗や空き家などをいろいろな部室化するノウハウを蓄積した研究会的全国ネットワーク型のチーム…それが「かえるぐみ」。 
アーティスト・藤浩志が、発案・思考し推進中のその概念を、「開港都市にいがた 水と土の芸術祭2012」で、大学生を中心とした3つの部活動に転換。
…………………………………………………
クリエイティ部は、古町や新潟のまちなかの風景や人に関わり、なんだかすごいことをする部活なのだとか。
http://geco.exblog.jp/15593020/

所在地
学生サロン「meme(ミーム)」
中央区古町通
六番町古町ビル1F
a0271438_2056246.jpg
開催日と活動時間
月 - 火:10:00-17:00
木 - 金:10:00-17:00
毎週木曜日は部員集合の日です。
水曜日はお休みです。


活動内容と具体的活動
古町商店街の中にオープンした学生サロンmeme(ミーム)内で部活動をおこなう。
memeとは、「文化的遺伝子」という言葉からの造語。
『人と人とがつながることで新しい文化が生まれ進化する場所』をめざし命名された。

古町通6番町商店街振興組合が市の補助金を活用して空き店舗を借り、古町地区の活性化などに取り組んできた新潟県立大学の関谷准教授が、その運営に携わっている。
学生と地域住民、地元企業などの交流拠点としてセミナーやイベントを開くほか、企業と連携した商品開発、地元の雇用創出につながることも期待されている。
(読売新聞2012年6月16日meme紹介掲載記事を抜粋)

「水と土の芸術祭」では、地域社会や商店街の情報化とその活性という観点から、人と町・学生と商店街のネットワークシステムを考察する。
「部活動」としてのフォーマットを取り入れ、顧問を置き(memeお隣の時計店・岩船屋さん)、ご協力を得て『部誌』を制作。いわゆる「クリエイティブ」と称されるArchitect活動やComputing活動だけではなく、女子大生らしい華やかで繊細な手づくり作品の制作も順次展開する予定。学生サロン(部室)が商店街にもたらすものとは? 人の流れ、人の動き、町の変化を注視し、リアルタイムで発信してゆく。

発足
2012年7月14日
memeとしては、2012年6月1日に発足


紹介サイト
facebook meme(ミーム)

facebook  部室ビルダー「かえるぐみ」新潟
http://www.facebook.com/?ref=logo#!/groups/366460656736053/

Report藤浩志企画制作室 カテゴリ=新潟での活動
http://geco.exblog.jp/
[PR]
by kaerugumi | 2012-12-24 19:19 | まちなか