カテゴリ:カフェ( 6 )

a0271438_18411768.jpg

概要
cafeを拠点に人がつながる。

その昔、パリやモンマルトルの cafe がアーティストたちの
交流と創作の拠点だったように
日常の中で なにかシンボリックな空間や場所があれば
人々は 語りあい つながりあい
ネットワークが発生するのではないだろうか。
個人主義が進み 地域コミュニティが崩壊してしまった今こそ
昔ながらの cafe が必要なのでは?
という着眼から生まれたスペース。
cafe を名乗らず、あえて 幅を持たせた意味の cafe?
DOU と表記せず、DO!(活動・行動)してほしいとの
おもいを込めて命名。

所在地
石川県野々市市

開催日
毎週 月〜日曜日 (火曜日と第三水曜日は定休日)
8時〜25時
水曜日は17時〜25時

活動内容
何でもできるカフェのある町…がコンセプト。
五十川堂は,ノマドな方,コワーカーの方にも使いやすいお店と
自負しています。
もちろん,それ以外の使い方も自由です
デートでも,暇つぶしに読書でも,店長とバカ話でも,自転車整備(こんな店はあんまりないか?)でも
カフェってそんなもんじゃないですか?
最近何でもカテゴライズしますがカフェなんて所詮カフェ。
お客さん次第です!
五十川堂 ゆる〜く営業しています。
是非一度来店して自分なりの使い方を見つけて下さい。
(五十川堂ブログより引用)

具体的活動
◯レゴ部  毎月1回
大人になっても,楽しめるレゴ!
大人だからこそ本気で楽しみましょう。
もちろん,子供の方の参加もお待ちしています。
月一回,3時のおやつの時間から開催です。
ルールや約束事はなく、自由にパーツを取って好きな形に
組み上げます。
作るものは十人十色、人さまざまです。
「デザインはパソコン上でするのが当たり前の時代にあって、
手で組み立てるのが面白い。レゴは想像力をかき立てられる」
とのすてきな意見も。

◯トイカメラ&クラカメ部  毎月第1木曜日夜8時
最新の一眼レフから本当にトイカメラ・コンデジまで、
入口はどうあれ参加者のみなさん写真が好きという共通点で
老若男女問わず参加してもらっています。
最近カメラ買ったけど使い方がわからない
もう少し写真を上手くなりたい
写真友達が欲しいっていう人、お気軽にご参加下さい。

◯昼写真部 毎週日曜日11時  
日曜の昼下がりに,写真談義でもしませんかという
軽いノリのイベントです。
お気軽にどうぞ!

◯テキサスホールデムポーカー 毎週水曜夜8時
一番長く続いているイベントではないでしょうか?
欧米では知らない人がいないくらい有名なゲームです。
心理のスポーツとしてスポーツ専門チャンネルESPNで
大会が放送されているくらいです。
初めての人にもルールを丁寧に教えます。
友達でも誘って気軽にご参加下さい!

◯ブクブク交換  毎月1回
毎回テーマに沿った本を持ち寄り,プレゼンして集まった
メンバーと本を交換するイベンです。
????って人,一度参加してみるのが手っ取り早いです。
参加すると面白さにハマると思います!

ほかに
プレゼンnight 毎週月曜夜9時半 
アジャイルサムライ読書会 隔週金曜日夜8時 
など
多種多様なおもしろい部活やイベントがあります。
随時皆様からイベント企画の持ち込みもお待ちしています!


*ちゃんとカフェだから…ドリンクmenuも充実。
ギャラリーや写真スタジオとしての利用など、多目的使用も可能。
常に「動こうとしている人」を応援。


発足
2010年8月20日

運営
五十川堂 (cafe? IKAGAWA DO! )

発見
ネット検索
中日新聞Web記事

紹介サイト
五十川堂
http://ikagawado.blogspot.jp/
中日新聞Web
http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/
[PR]
by kaerugumi | 2014-01-19 22:00 | カフェ
概要
東京スカイツリー開発がすすむ曳舟・京島にある爬虫類館分館は、キラキラ橘商店街入口にある飲食とイベントスペース。昼はカフェ・珈琲の樹、夜はカフェ&バー(てとて)を中心に、たくさんの人とつながり、笑える未来生活を創りだしていこうと活動中。

所在地
東京都墨田区

開催日
ほぼ毎日

活動内容
カフェ、バー、ギャラリー、イベントスペースなどの活動

具体的活動

発足
2010年春

運営

発見
参加したイベントで出会った方の紹介

紹介サイト
爬虫類館分館ウェブサイト
http://www.bunkan.com/blog/
[PR]
by kaerugumi | 2012-08-12 00:09 | カフェ
概要
「ここが本、そして人と人との思わぬ出会いの場であるといい。」
オーナーの言葉が印象的なブック・アートショップ。
人と人のつながり、人と場所のつながりは、
『偶然のきっかけのもつチカラ』によって成就することもある。
すこうし並びかたを変えただけ、わずかに言葉を添えただけで、
時代を共にする誰かとの思いがけない相乗関係が
生まれるのだとしたら。
そして、人生がゆたかに、たのしくなるのだとしたら。
ガラスの扉を開いて、中に入ってみたくなる。
本に、写真に、アートに…触れたくなる。かんじたくなる。
大通りから一本外れた、ビルの5階。
手書きのメッセージボードを目印にして。


所在地
地下鉄四つ橋線「肥後橋」駅すぐ
四ツ橋筋から1本中に入ったビルの5階
大阪市西区 若狭ビル


営業日
毎週 火曜日〜土曜日
12:00〜20:00 (土曜日は 〜18:00)

2012年 7/28(土)〜9/4(火)のあいだ、月・火定休に変更
水曜日〜土曜日 12:00〜20:00
日曜日 12:00〜18:00
※8/12(日)〜16(木)は夏季休業 
(その他年に数回臨時休業あり)



活動内容
洋書からミニコミまで…
コンテンポラリーアート・写真・デザインなどのヴィジュアル書とその関連書籍、アート・デザイングッズを扱う書店をメインに、
カフェとギャラリーの3つの機能を組み合わせたスペースです。
空間を生かして、展示や講演なども開催していきます。
小さな場所ですが、アートに関わる方々、アートファンの皆さまにお集まりいただき交流を深めていただける場所として
息の長い活動をつづけていきたいと考えております。
(ウェブサイト Calo について より)


具体的活動
◯書籍の販売
コンテンポラリーアート関係書籍や写真集、リトルプレスも
取り扱う。

◯カフェ
引き立ての豆で入れる本格派コーヒー、
ホームメイドのお菓子や、チキンカレーも人気です。

◯ギャラリーでのアート作品展示

◯アーティストを講師に招いたトークイベントや
ワークショップの開催


◯大阪のインディ系書店が開催するイベントで
フリーマーケット出店

など多彩。




発足
2004年4月2日


運営
Calo Bookshop & Cafe


紹介サイト
*ウェブサイト
http://www.calobookshop.com/



発見
ネット検索
フリーペーパー SUPER No.006
(野崎泉さん:文)



文案監修 : Calo Bookshop & Cafe
[PR]
by kaerugumi | 2012-08-07 13:05 | カフェ
概要
C.A.P.ホームページおよび、ニュースレター “CAPTER" 記事 『カフェって?』より
*C.A.P.とは…… The Conference On Art and art Projects
私達は、社会的な機能として、芸術を媒介に職業、年齢、性別、国境などの境界を越えてあらゆる人々が集まり、対話し、意見交換ができる場を持つということが重要だと考えます。
更に、この意見交換を通して様々な人が深く芸術を探究し、またその可能性を広げ、且つその可能性に形を与え実現させる事が重要ではないでしょうか。1994年よりその必要性を日々感じている芸術家が集まり、任意団体として 様々な活動を行ってきましたが、今までの実積を基に更に活動を充実させ継続していくことが、芸術を社会に広く浸透させ、芸術に触れ親しむ人たちの可能性を開き、
真の豊かさを育んでゆく社会の創造に寄与する事であるとして、
2002年4月、NPO法人C.A.P.を設立いたしました。

鳴海 : 自分がC.A.P.と関わりだしたその頃、たしか2003年に、みんなで集まってお茶が飲める場所を作りたいと思ったんです。珈琲好きだし。今も自分にとって、カフェで珈琲の研究をしているのは、アーティストが4階のアトリエで制作してるのと同じ。それが自分のスタイル。離れアトリエみたいな。外からやって来る人もみんながゆっくり話せて、アトリエアーティストがいて、それがこのカフェの特徴だな。

藤川 : そう、だからもっとアトリエとの関係を密にしたいよね。カフェにここのアーティストのポートフォリオや資料を置いて、
ショップの棚もアトリエのアーティストがひとりひと区画を担当して自己紹介みたいな見せ方で作品やグッズがあったりしてもよいのでは。

井階 : アートとは少し離れたことも良いですよね。普通の人も楽しめる気楽な場所。以前、上村さんが小さな刺繍の会というのをしたんですよね。みんながカフェでちくちく縫い物をして、とってもよかったとか。そしたら一般のお客さんもカフェで切り絵をしたりして。今度は19日に「カフェ・デ・シュゲイ」っていうのがあるんですよね。編み物をカフェでするんでしょ。

鳴海 : ちょっとした事をテーマにいろいろな人が集まってお茶飲みながら過ごす。みんながそんな風に気軽に考えていったらもっともっと楽しめる方法がきっとあるよね。


所在地
海外移住と文化の交流センター 1階
神戸市中央区

開催日
水曜日〜日曜日 10:00〜19:00

活動内容
やっぱりみんなが集まれるカフェがないとね!
ということで思い切ってC.A.P. のカフェを海外移住と文化の交流センター1階にオープンしました。
「やっぱりこういう場が無いとダメなんですよね」……アートスペースやコミュニティースペースの現場に関わったことがある方ならだれでも実感していると思います。

具体的活動
◯手作りうつわカフェ
アーティストの作品(うつわ)を選んで、メニューの中から「お手製はちみつぷりん」をオーダーすると、自分が選んだうつわにプリンが入ってくる! 気に入ったらうつわの購入(1500円から)もできちゃいます。

◯Fleur cafe
紅茶講座。茶葉の種類や入れ方を講師にレクチャーいただき、スイーツと共に試飲。

◯カフェ・デ・シュゲイ
ワンポイント刺繍やかぎ針編みモチーフなどを、先生に教えていただきながらチクチク。ドリンクを飲みながら、ほっとひと息。

◯Painter's Materials Cafe
アーティストの作品展示と、そのアーティストのプロデュースによる特別メニュー。アーティスト自らホールを担当。たとえば、デザートにスプーンが3本…金のスプーン、銀のスプーン、木のスプーン……女神さまが出てくるのかなー?? こんなふしぎなできごとに、なんだか、どきどきします。

ほかにもアーティスト・トークや展覧会など、いろんなイベントが構想されています。

発足
2009年6月9日

運営
芸術と計画会議(C.A.P.)

発見
2011年12月4日 「国際理解のための市民講座」に参加した際に、神戸市職員の方から、海外移住と文化の交流センターのことと、C.A.P.のことをうかがって。

紹介サイト
http://www.cap-kobe.com/cafe/cafe/

Twitter @CARUNNER
[PR]
by kaerugumi | 2012-06-19 06:00 | カフェ
概要
さて、「アート」とはいったい何でしょう?

伝え手の思想、想い、技術をもって、アタマ・ココロ・カラダに訴えかけてくるもの。
それこそが「アート」だと私たちは考えています。

作品のその先にある「伝えたい」という気持ち・・・
展覧会で作品を鑑賞するだけでなく、ワークショップを通してそこに気づくことで、アーティストが何を考え、何を感じ、何をもってそれを伝えるのかに触れる。
そこからきっと、人やまちが変わっていくのだと信じています。

「まちをアートでいっぱいに」

そんな想いを胸に抱き、私たちは「一億総アーティスト社会」を目指します。

さあ、ゆっくりコーヒーでもいただきながら、気軽にアートを楽しんでみませんか?

所在地
奈良県奈良市

開催日
木曜以外の毎日

活動内容
参加型のアートの普及活動や食とアート、日常的活動とアートの癒合、拡散活動。

具体的活動
これまでアートとみなされにくかったものの展覧会やワークショップの開催。

発足
2009年

運営
調査中

発見
以前に取材で訪れて。

紹介サイト
藝育カフェ Sankaku
http://aalabo.com/
[PR]
by kaerugumi | 2012-06-14 06:39 | カフェ
概要
洗足カフェは、NPO法人 南房総リパブリックが南房総と都内との二地域交流の拠点として、たくさんの方のご協力を得ながら進めているコミュニティカフェ運営活動です。南房総のことをもっと都内の方々に知ってもらうきっかけとして、また、洗足という都内のある地域の中でのコミュニティの充実の場として、多くの方に利用していただければと思っています。

所在地
東京都目黒区

開催日
●営業時間
昼 9:00-18:00(月)~(日)( ※土曜のみ21:00迄) LUNCH 11:30~
夜 19:00-23:00

活動内容
洗足カフェは、日替わりオーナーによるコミュニティカフェです。「洗足で地域の人が気軽に利用できるカフェを作りたい」という共通の想いで、様々な特技を持った日替わりオーナーが集まりました。曜日ごとに違うお料理やお菓子をお楽しみいただけます。また、里山学校の募集や報告会をはじめとする各種イベントや、料理やお花などの教室なども開催する予定です。

具体的活動

発足
調査中

運営
NPO法人 南房総リパブリック

発見
検索

紹介サイト
足洗カフェウェブサイト
http://mb-republic.com/cafe.html
[PR]
by kaerugumi | 2012-06-09 03:38 | カフェ