a0271438_19252170.jpg
概要
* 旧グッゲンハイム邸
明治大正期に神戸に滞在したドイツ系の貿易商の家族に
その名を由来します。
コロニアル・スタイルの洋館は、1909 (明治42)年に
アレクサンダー・ネルソン・ハンセルの設計で
建てられたと考えられ、
グッゲンハイム家はこの地を 「 Pines Shioya 」と呼び
1915(大正4)年の6年あまりの間、ここに暮らしていたようです。
その後、複数の所有者を変遷しましたが、
地震にも台風にもめげず、取り壊しの危機も逃れて
海を臨んで立ち続けて100年が経ちました。
私たちは、塩屋の風景の一部であり、地域の財産である
旧グッゲンハイム邸の建築的・歴史的価値を再認識し
クラッシックで開放的な魅力をいかしつつ維持管理して
皆様に様々なかたちでご利用していただきたいと考えております。
(旧グッゲンハイム邸事務局
代表 : デュルト・森本康代氏の「 ご挨拶 」より)


* 裏にある長屋
アーティスト・森本アリさん、なかまのみなさんの生活の場所。
旧グッゲンハイム邸を維持管理・修繕・保守しながら、
さまざまなmusic活動、art活動を行っている。

『 長屋は、前所有者である竹内油業さんが、
本館( 旧グッゲンハイム邸 )の真裏に建てたプレハブの建物です。
もともと竹内油業さんは旧グッゲンハイム邸を
寮として使っておられて、
長屋はその個室棟として使われていたものでした。
お風呂や食事などは本館を使っていたそうです。
2007年に所有が代わってから、本館を多目的スペースとして
使っていくということになったので、
長屋だけで共同生活が出来るように手を加えて
共同の食堂とお風呂スペースをつくりました。
共同の食堂が、通称「グビング」です。
居住希望者への条件は、自分の部屋を自分の手で改装すること。
ほとんどの人が床を貼ることから始めました。
赤い部屋もあります。単管だらけの部屋もあります。
ふつうの部屋もあります。みんないろいろです。
長屋は、アトリエとして使っている人もいますが、
基本的に住居スペースですので、イベントなどで本館を訪れた際も
どうぞそっとしておいてください。
ちなみに現在空き室はなく、誰かが出る時はその友だちへと
受け継がれていくようなシステムが出来つつあります。(ま)』
(旧グッゲンハイム邸周辺雑記ブログ 「ブ・ド・グ」より

a0271438_73028.jpg

a0271438_802975.jpg
所在地
神戸市垂水区塩屋町

開催日
ほぼ毎日、さまざまなイベント・活動が開催されている。
毎月第3水曜日は、邸内見学会の日。

活動内容 と 具体的活動
本館の旧グッゲンハイム邸と、裏にある長屋部分での活動は
それぞれ志向がことなる。

本館では、管理人・森本アリさんがメンバーでもある、
旧グッゲンハイム邸の裏の長屋の住人により結成された
脱力トランペット集団 PEDOGU や、
爆裂ブラスバンド 三田村管打団? などが中心となり、
さまざまなアーティストによるコンサートやライブ、
展覧会、音楽講演、
地域のみなさんによる定期的な文化的教室活動のほか、
結婚披露宴や同窓会などのフォーマル・パーティ使用、
撮影のロケなど、色とりどりにほぼ毎日開催されている。
地元の塩屋商店街によるお祭りや交流イベントも開かれる。

長屋は、ライブイベントをひらくアーティストたちの
控室代わりになったり、練習場所になったり、
食事会をひらいたり、レコーディング・スタジオと化したり。
また、趣味の集い場所であったり…共同創作のアイデアが生まれ、
生活の中で はぐくまれ、広がってゆく面白い活動の、
発生源的要素がある。

〈ON と OFF 〉あるいは 〈表 と 裏〉
二局性の取り合わせの妙。
そして そこに、塩屋商店街など地元の人びとの
意識が混ざりあってゆき、
トリニティな関係ともいえる、
ある種の美しきパラダイム。


運営
旧グッゲンハイム邸事務局

紹介サイト
*旧グッゲンハイム邸ウェブサイト
http://www.nedogu.com/index.html
*Facebook
http://www.facebook.com/guggenheimhouse
*Twitter @twidogu
*旧グッゲンハイム邸周辺雑記
http://budogu.exblog.jp/
*旧グッゲンハイム邸 裏の長屋の住人により結成された
脱力トランペット集団 PEDOGU によるブログ
http://pedogubu.jugem.jp/
*旧グッゲンハイム手芸部 SHUGUBU
http://shugubu.jugem.jp/

………………………
【 旧グッゲンハイム邸とその風景 】

子どものころにみつけてから、いまもずっと変わらずに
小高い丘の上にある。

母に連れられて祖母の家にゆくとき、元町にお買い物にゆくとき、電車の窓に顔をくっつけて、一瞬にして流れ去ってしまう
その古い洋館の建っている景色をながめるのが だいすきだった。
あずき色の広い屋根、白い壁、ピーコックグリーンの窓枠。
美しい細工の施された、静かで優雅なたたずまいに、
いつも、子どもながら、うっとりしたものだった。

「 しおやの、いじんかん 」

確かみんな、そんなふうに呼んでいたけれど、
『 旧グッゲンハイム邸 』 という名前がきちんとついているということを知ったのは、つい最近のこと。
1995年1月のあの大震災以降、誰にも手入れされずに老朽化が進み
取り壊しが取り沙汰されていたが、
地元のステンドグラス作家 デュルト・森本康代氏 が私財を投じて
この洋館と、その風景を救った。
そうして いま、その存続を強く願うアーティスト 森本アリ氏が、
仲間とともに旧グッゲンハイム邸の裏の長屋に共同で住まい、
音楽・アート・ワークショップなどを中心に
さまざまな表現活動をおこないつつ、
旧グッゲンハイム邸を護っている。

変わらない・なくさないということ。
その場所に、その地域の中にあり続け、
人びとのこころに刻み込まれている景色を
護りつづけるということの尊さ。
そうして、誰もが自由に集まり、つながりあえる空間として、
扉を開いてゆくことのたいせつさを旧グッゲンハイム邸は
かんじさせてくれる。
人と人を結ぶ場所。
人と地域をつなぐ場所。
そんな空間が、わたしたちのすぐ近くにあり続ければ、
きっと、街の風景はいつも穏やかで、強く、美しいはず。

いまも、子どものころとなんら変わることなく、
この洋館は、海を見下ろす 神戸塩屋の小高い丘の上に建っていて
そうして わたしは、いまもときおり車窓からながめては
うっとりしている。
[PR]
概要
マジックを愛好するものが、マジックの基本を学び、技術の習得向上を図り、マジックを通じて親睦を深め、明るく、楽しい人生を歩み、合わせて地域社会へ貢献する。
a0271438_22573511.jpg

所在地
セシオン杉並 集会所(環七と青梅街道の交差点南)
杉並区梅里

特別自由練習場所 桃井ゆうゆう館  
杉並区桃井


開催日
毎月第1、第3、第4火曜日 午後6:30~2時間
この他に、自主練習として桃井ゆうゆう館にて
第2水曜日と第4日曜日10:00-16:00

2013年度 新入会員募集中です!! 
マジックに興味のある方は一度見学にお越しください!


活動内容
1.見る楽しみ
2.演ずる(見せる)楽しみ
3.知る・研究する・学ぶ楽しみ
4.新しいものを考案する・道具を作る楽しみ
5.道具やネタやDVDを集める楽しみ
6.多くの人と触れ合う楽しみ
の目的を持って入会された多種多様な会員の要望を少しでも満たせる様な活動を目指しています。
この6つの目的は、TAMC(東京アマチュア・マジシャンズクラブ)の坂本圭史会長がマジック発表会のご挨拶時に話されたものです


具体的活動
セシオン杉並祭りマジックショーに出演
荻窪区民センター祭り
桃井ゆうゆう館発表会
本天沼区民集会所まつり
桃井ゆうゆう館バザーでの子供向け
世田谷区千歳烏山のマンション内子供パーティ
下井草保育園マジックショー
杉並法人会チャリティーショー 座・高円寺2
ほか


発足
1999年4月


運営
杉並マジッククラブ


発見
ネット検索

紹介サイト
杉並マジッククラブホームページ
http://www.suginamimagicclub.com/index.php?
[PR]
概要
毎年2月、約15日間開かれる日本の「小樽雪あかりの路」でボランティアは祭りが開かれる場所に活動します。

初めの2、3日の間には雪像を作るのが、一番主だった仕事である、「OKOVO」には別途の会場が用意されて、韓国を表現する雪像を作ります。

この雪像は現地の日本の方々だけではなく、祭りを尋ねてくる多くの方々が関心を持って見る物なので、韓国を広報することができるいい機会でもあります。

雪像の製作以降には、祭りを美しく輝かせてくれるロウソクを管理して、雪像の補修を手伝って、観光客が祭りをもっと楽しむことができるようにサポートする役割をしています。その時には日本及び韓国の言論機関との頻繁なインタビューも行う事もあり、現地での事が記事で扱われることもあります。

なお、「韓国人」ボランティアという身分で祭りに参加するだけに、私達は行動と言葉、一つ一つを通じて日本に韓国人の真面目のところと肯定的なイメージを伝える「民間外交使節」の役割を遂行しています。

所在地
韓国

開催日
メインは「小樽雪あかりの路」開催期間中

活動内容
「小樽雪あかりの路」でボランティア活動と「OKOVO」に別途用意された会場での韓国を表現する雪像作り。

具体的活動

発足
2002年

運営
OKOVO

発見
渋谷ヒカリエでの越後妻有関連のイベントで知り合った人に聞いて

紹介サイト
OKOVOウェブサイト
http://otarusnow.org/jp_festival1.html
[PR]
概要
IID(半角スペース)世田谷ものづくり学校は、2004年3月で統廃合となった世田谷区立池尻中学校を再生する次世代モデルの廃校跡地再生プロジェクトとして、2004年10月にスタートしました。

コンセプトは「Rする」。
もとの施設を活かして、さまざまな分野のクリエーターに教室を開放し、ワーキングスペースとして機能しています。館内はオフィスビルでありながら、一般の人も見学自由。またGO SLOW ゆっくりとカフェ、スタジオ、ミーティングルームなど、ビジターが利用できるパブリックスペースも併設しています。

週末には子供から大人まで誰もが参加できるワークショップの数々を開催。講師にはIID入居者をはじめとした各分野で活躍するプロのクリエーターを迎え、多岐にわたるデザイン要素を含むプログラムを用意しています。

所在地
東京都世田谷区

開催日
一般開館時間
火 - 日: 11:00 - 19:00

活動内容
施設内には、展示を中心としてや、撮影、イベントなど様々な使い方の出来る「マルチプルスペースIID Gallery」をはじめ、試写室、木工房のほかパブリックスペースを開放し、多種多様なプログラムが実施されています。

IIDは「学ぶ」「遊ぶ」 「働く」ことを通じて「人」や「地域産業」との関わり合いをより素敵にする取り組みを行っています。

具体的活動
•・IID GREENDAY
•・IID KIDS WORKSHOP IN SUMMERほか
•・自由大学の講義
・シルクスクリーンカスタムプリント
【共催】
・YOGA教室
・起業マインドサイト ガイダンスセミナー
・池尻ロマンス座 名画交流会
・「今日はきゅーりを描きましょう。」 -村田善子のワークショップ-
・熱中!ジェンベ教室
・大好き!アフリカンHOTダンス教室
・キッズ・ドローイング・ワークショップほか

発足
2004年10月

運営
株式会社ものづくり学校

発見
facebookのタイムライン

紹介サイト
IID 世田谷ものづくり学校
http://setagaya-school.net/
[PR]
概要
HIPは、Home Island Projectの略で、四国を愛する人々のネットワークです。

四国をみんなに自慢したい人
四国を世界に発信したい人
四国で遊びたい人
四国の人を応援したい人
四国を食べ・飲み尽くしたい人
四国で働きたい人
四国を探検したい人
四国を学びたい人
四国の自然を守りたい人
四国のアートを堪能したい人

四国は多様な自然、歴史と文化が根付く、世界有数の巡礼の島です。
四国が多様な魅力をもつように、私たちの四国への愛も多様であり、
Home Island Projectには、その愛を形にしようとする人々が集っています。

HIPのネットワークのもと、四国への同じ想いをもった仲間が出会い、アート、環境、ビジネス、農業、スポーツ、歴史や文化など、様々な切り口で、「四国」という島を応援し・発信し・楽しむためのプロジェクトが発足しています。

言いかえれば、HIPは四国を愛する人たちが、同志と出会うためのネットワークであり、その出会いで育まれた四国愛を形にするためのプラットフォームです。

四国という一つの島の多様な魅力を世界中に発信・共有することで、四国に住む人、四国出身の人、四国に興味を持つ人、これから四国に訪れる人、それら全ての人たちにとって愛すべき、誇れる島として四国を再発見することを目指しています。

所在地
調査中

開催日
イベント開催時

活動内容
四国を愛し応援する人が、一人でも増えるようにすること、その人たちが出会うことで、四国を応援する新しい試みが生まれることを目標としています。そのために、ネットワークを広げ、様々な試みへの支援を充実させます。さらに、四国以外の地域でも同じように地域の未来を考えるネットワークが生まれることも期待しています。

具体的活動

・お祭りプロジェクト
 HIP阿波踊り2011 in 徳島ほか
・アグリプロジェクト
 HIPマルシェレポート
 「農」と言える四国ほか
・アートプロジェクト
 瀬戸内国際芸術祭応援プロジェクトほか
・シゴトプロジェクト
 HIP アジア進出支援セミナー
・スポーツプロジェクト
 瀬戸内国際体育祭!
・ニューヨークプロジェクト
HIP NYプロジェクト2012ほか
・ミライプロジェクト
「HIPカタリバプロジェクトin徳島市立高校」ほか
・音楽系プロジェクト
 島フェス!
・囲む会ほか

発足

運営

発見
コワーキングスペース cocociで出会った人の情報

紹介サイト
Home Island Project(HIP) ウェブサイト
http://www.hipj.net/
[PR]
概要
「たねっこ」は谷根千エリアを中心とした青空自主保育を目指す外遊びの会です。
現在、上野公園周辺で子どもと週2回、好きな時間に集まって遊んでいます。
何時に来て、何時に帰ってもオッケー!
おにぎり持って、みんなで一緒に遊ぼうよ♪

所在地
谷根千エリア

開催日
毎週火曜・木曜10~13時頃

活動内容
青空自主保育を目指す外遊びの会

具体的活動
・こんにゃくdeどんぶらこ。
・ちくちく会
・味噌会
・よもぎ団子&豆腐会
・段ボール&巨大しゃぼん玉
・あらかわ冒険遊びスタート(たねっこメンバー参加)
・芋植え
・タマネギ染め
・こどもの病気お話会
・ほおずき祭
・巨大風船&段ボール遊び
・トウモロコシ&赤紫蘇会
・夜の動物園
・いも掘り
・ナル亭バザー
・アイヌ会
・落ち葉プールin上野公園
・うどん会
・イチョウプール&ハンモック
・こんにゃく会
・餃子会
・第2回手ぬぐいズボンCafe♪
•水遊び遠足☆清水坂公園♪
•あらかわ冒険遊び場の会ほか

発足
調査中

運営
谷根千青空自主保育の会「たねっこ」

発見
クリエーティブサポート レッツ・石幡愛さんからの紹介

紹介サイト
谷根千青空自主保育の会「たねっこ」
http://tanekko.jugem.jp/


連絡先



「たねっこ」は谷根千エリアを中心とした青空自主保育を目指す外遊びの会です。
現在、上野公園周辺で子どもと週2回、好きな時間に集まって遊んでいます。
何時に来て、何時に帰ってもオッケー!
おにぎり持って、みんなで一緒に遊ぼうよ♪

☆日時:毎週火曜・木曜10~13時頃

☆場所:上野公園(奏楽堂右の芝生広場、科学博物館前の森、噴水周りなど)

☆キーワードは…
外遊び、自主保育、つながり、プレーパーク、シュタイナー、どろんこ、おすそ分け、ご近所づきあい、異年齢の関わり、森、たき火、木登り、親子でわいわい…

☆MLあります…
誰でも参加可!子育て、地域の情報もバンバン飛び交ってます。
楽しい不定期イベントも随時開催、キャッチしてね♪
http://www.freeml.com/jisyu-tai


☆台東区社会教育団体「親子でどんぶらこ♪」でも活動しています
[PR]
概要
神戸新港第四突堤の上屋Q2号を舞台に、C.A.P.が運営する海のうえのアートプロジェクトです。
事業実施する時にドアオープンします。

所在地
神戸新港第四突堤の上屋Q2
三宮よりポートライナーで2駅目「ポートターミナル駅」下車、
送迎デッキ(01・02)連絡口から徒歩

開催日
月によって異なるが、ほぼ毎週末。
月に4回ほどイベント開催。

活動内容
・コンサート・イベントの開催
・共有スペースの実験
・部活動
など

具体的活動
◯デジタルカメラ入門講座 〜神戸夜景編〜
講師:鳴海健二(写真家)
夕方から夜にかけての港撮影に出かけます。
綺麗な神戸の夜景を写し撮り、素敵なデスクトップ写真を作りましょう。もちろん撮影時には様々な悩みにアドバイスいたしますので安心して神戸の夜の港に飛び出しましょう!
ハーバーランドで撮影し、CLUB Q2に移動して撮った写真をみんなで見てみましょう。

◯聲明
浄土宗の僧侶で構成する七聲会の出演です。
七聲会メンバーによる「散華」の演奏。この曲の特徴は、紙でできた蓮の華を唱えながら散らすことです。
そして、後半。七聲会による聲明。木魚などの他にも雅楽の楽器、笙も登場します。
鍛えられた男性ユニゾンの響きは豊かな倍音を立ち上らせ、阿弥陀経の読経と、日本の律音階に近いラーガでインド音楽が解け合う。
仏教音楽を世界音楽に位置づけて聴いてみることのできた貴重な体験! 日本の音楽がぐっと相対化される気がします。

◯プラモ部外伝 プラモナイト!
トミー先生がQ2で行っているプラモ部。
その外伝講座を開催します。
その名も「プラモナイト!」 夕方に集合し、夜中までプラモを作ります。通常のプラモ部と違うのは、必ずプラモを完成させること!これだけです。

◯奄美の島唄とインド音楽(ゲスト:榮百々代)
日本とインドの音楽シリーズ 。
昨年の「インド音楽のレンズを通して見えてくるアジア的音楽の可能性」シリーズ・コンサートの続編として、今回はとくに日本の音楽を取り上げます。
インドのラーガ(音階)を基礎とした即興性の強い音楽と、さまざまな日本の伝統的音楽との間にはとくに強いつながりはないのですが、しかし、意識的なハーモニーをもたない、一定の拍節をもたない自由リズムのメロディーが多い、という点では同じアジアの音楽として共通する点もみられます。
今回は、奄美島唄、筝、尺八、篠笛の優れた演奏家をゲストに招き その共通点を聴き比べ、日本とインドの音楽の奥深さと西洋音楽的手法とは異なるパフォーミング・アーツを味わっていただくことを目的としました。

◯物々交換 +鍋、スリッドバー!
物々交換会;「捨てられないが、使わない。。。」という物を誰しもお持ちのようです。そういうものは誰かの別のものと交換しましょう。お金を介さず、 物と物を交換するパーティーです。過去においてなかなかすばらしいものも出ています。例えば、イタリア製の皮ジャケット、大判の美術書、アートブック、その他の本、ドラムマシン、セラミックの器、ウクレレ、電気ケトル、、、などなど。

◯A la Mer〜海のうえで & 卓球部部活動
今回のA la Merは卓球部の部活動と合体です。
卓球部は18:00から21:00までの活動予定。
もちろん卓球はしなくても、カコーン、カコーンという音を聴きながらのんびり海を眺めていてもOKです。
夏の終わりの暮れていく海を見に来ませんか?

◯イラスト部『銀河鉄道の夜を探して』
宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』をテーマに自分が想像する、宮沢賢治のあの美しい夜のイメージを再現しましょう。
『あんなキレイな世界を自分が描くなんてムリ!』とか、考えずに 物語をちびちび噛み砕きながら、自分がもっとも『素敵だな』と思ったところを少し想像してみたり・・ いっぱい絵本や映像になっている作品ですが、誰かが作った完成品を楽しむんじゃなくて、宮沢賢治が頭の中に思い描いた世界を手探りで作ってみせんか?
誰のものでもない新しい夜が浮かび上がるかもしれません。

など、ほかにもたくさんのイベントやワークショップが、ほぼ毎週末開催されています。


発足
2009年6月9日

運営
芸術と計画会議(C.A.P.)

発見
ネット検索

紹介サイト
http://www.cap-kobe.com/club_q2/
Twitter @CAPRUNNER
[PR]
概要
サロン文化大学という大それた名前のサロンです。

社会人大学を目指してつくりました。

手芸や料理などのスキルを教わる場としても活用してもらいたいです。

また、同じ物事に関心のある方々が集まって経験値を高め合うようなミーティングも開きたいと考えています。

中崎町ではじめた「働き方について考えるトークサロン」をベースに、「こんな場所がほしかった!」と言ってもらえるような場所=サロンを提供できれば幸いです。

所在地
中崎町にあった狩野の事務所兼自宅で実験的に開始したサロン文化大学でしたが、狩野の結婚を機に自宅が寝屋川市になったこともあり、サロン文化大学は様々な場所で開催することになりました。

現在は、住居用マンションの居間(サロン)や事務所、カフェ、ギャラリーの空きスペースが、サロン文化大学のキャンパスです。

開催日
不定期

活動内容
基本はオモロい活動をしている方や、みんなが憧れる働き方をされている方のお話が聞きたいというモチベーションでの運営。さまざまなスペースに出張する自主文化講座。

具体的活動
働き方について考えるトークサロンvol12
サロン文化大学2周年記念イベント NHK「美の壷」的な世界
などトークイベント、フォーラムなどの開催。

発足
2009年3月

運営
狩野哲也事務所

発見
facebookの友人からの紹介

紹介サイト
サロン文化大学ウェブサイト
http://salon-and-culture.blogspot.jp/
[PR]
概要
1年を通して、若い世代がまちを現場にしつつ創造的に学び育つ場とし、地区の内発的エネルギーが相互浸透する共発的まち育て活動を喚起しつつ、マスタープランづくりをすすめていきます。

所在地
愛知県名古屋市錦町

開催日
調査中

活動内容
学生の制作・展示、地域のまちづくり相談所、研究所として・・・

学生提案 交流発信 イベント、学生のまちづくり提案制作・展示・論議の場 環境共生まちづくりの情報・人間・活動の交流・発信の場 環境共生、にぎわい景観をテーマにした学習会、フォーラム等

まちづくり相談所 調査研究
地域住民のまちづくり相談所としての役割 現実の創造的展開のための理論的根拠を明らかにしていく
具体的活動

発足
2008年

運営
錦二丁目まちの会所/NPO法人まちの縁側育くみ隊

発見
まちの縁側 検索

紹介サイト
錦二丁目まちの会所 ウェブサイト
http://www.kin2kaisyo.com/index.html

NPO法人まちの縁側育くみ隊
http://www.engawa.ne.jp/
[PR]
概要
住みなれた土地でお互いに助け合い、支えあってのすこやかな生活。

今あなたがこんな事を思っていたら・・・

*ほっと一息、安らぐ場所が欲しい。
*八十日目(やっとかめ)に誰かと語りたくなって。
*親子で遊びたい。
*介護や育児の悩みを聞いて欲しい。
*静かに読書や趣味をしたい。
*子供同士で遊びたい。
*家事、学校、職場の悩みから開放されたい。
*車椅子での散歩途中、一服したい。

0歳児がお母さんと一緒に、90歳代の方がお話をしに。

まちの縁側クニハウス&まちの学び舎ハルハウスはこんなところです。

所在地
名古屋市千種区

開催日
月、火、水、金、土曜日10:00~16:00

活動内容
調査中

具体的活動

発足
調査中

運営
一般財団法人 まちの縁側クニハウス&まちの学び舎ハルハウス

発見
地域の縁側 検索

紹介サイト
まちの縁側クニハウス&まちの学び舎ハルハウス ホームページ
http://www.kunihouse.jp/
[PR]