概要
長野の茅野の駅前に
おもしろい活動をつくる部室をつくる。

街に影響力のある面白くて深くて楽しい部活動と出会い、空き店舗や空き家などをいろいろな部室化するノウハウを蓄積した研究会的全国ネットワーク型のチーム…それが「かえるぐみ」。 
アーティスト・藤浩志が、発案・思考し推進中のその概念を、茅野市駅前まちなかにインストール。茅野市美術館に於ける≪アート×コミュニケーション#3 藤浩志と部室をつくろう!≫プロジェクトへ転換。茅野市民がワークショップやディスカッション、交流会を重ねてゆき、それぞれに部室・部活動を開始しています!
…………………………………………………
【食べ部】は、ふるさと茅野の味、おさないころに出会ったあの日の懐かしい味、そして、いまの私たちに必要な味、を探求し、食べることのよろこびを純粋にかんじることを目指す部活動です。
a0271438_14315124.jpg
所在地
茅野市ちの地区(おいしい屋)

開催日
不定期

活動内容
茅野の風土のなかではぐくまれた食べもののことをたいせつにおもいたい。母・父から子・孫へと愛情を込めて伝えられてゆく食べることのたいせつさを考えたい。食材から発せられるメッセージをあるがままに受けけ取ってゆきたい。できるだけシンプルに、身体だけではなくこころもゆたかになるように。太古からヒトが具えてきたはずの、すなおな五感を取り戻そう。

具体的活動
〇目と鼻を閉じて食べる会。
瞳をとじて、鼻をふさいで、食してみよう。暗闇のなか、手さぐりで。そのなかでこころが見るもの、かんじることを言葉にしてみよう。デジタルの世界で摩耗した感性をもう一度澄ましてみたいから。

〇触覚主体…手でつくり手で食べる日。
すこうし古(いにしえ)におもいをはせてみよう。野菜もお魚も、調理道具を使わずに手でだけ料理してみよう。そうして手で口に運ぼう。指さきがかんじる冷たさやあたたかさ、ざらつきやなめらかさ、湿度・鮮度。現代人の忘れてしまった記憶がそこにはあるのではないでしょうか? 

〇聴覚主体…食べるのを聞く日。
わかめは「ぴららるっ」、はるまきは「かこっほっ、かるかる」…絵本『おいしいおと』からヒントを得て。バナナ・こんぺいとう・セロリなどの食材や料理を持ち寄り、実際にみんなで食べてその響きを擬音化。どんな音が口の中でするのか、また他の人にはどう聞こえるのかを確かめてみます。

〇味覚主体…舌の上を検証してみる日。
しょっぱいもの、すっぱいもの、あまいもの…を舌の上にのせてみて実際にどうかんじるのか、そのときの舌の動き、口のなかのようすなどを、実験。

〇ランチ会
柿酢づくり作業の後のひとときに…食と器の関係、諏訪地方の食べ物のことなどをおはなししながら、楽しく食事ができたらいいな。

〇実習
茅野市の特産品「凍餅」を実際につくってみました。みんなでの作業、ひとつのテーブルの上で交わされる「あれこれ」の会話。そのなかから、ある言葉が波紋になってゆき、ひろがってゆき。おもいがけない次の活動へのアイデアがうまれたりもします。

など多彩。


発足
2012年11月10日

運営
大畑部長

紹介サイト
茅野市美術館「アート×コミュニケーション#3藤浩志と部室をつくろう!」ウェブサイトはこちら⇒
http://www.chinoshiminkan.jp/museum/2012/1013/index.htm
facebookはこちらから⇒http://www.facebook.com/ac3.fujihiroshi

[PR]
by kaerugumi | 2014-02-14 05:28 | 思索
概要
哲学を身近に・・・

哲学って聞くだけで、とたんになんだか難しそう…。
でも、コーヒーを飲みながら、サンドイッチをつまみながら
「私らしさってなんだろう」とか
「親切とおせっかいの違い」を考えるのって
きっと、特別なことじゃない。
カフェフィロは社会のなかで生きる哲学を探究し、
対話を通してそれらの実現にあたるとともに、
哲学とともに生きる人たちをサポートする団体です。

所在地
大阪市東成区
たまてばこ内

開催日
開催場所によって異なる。
〈神戸・コーヒーショップJUN、カフェP/S〉 2ヶ月に1〜2回
日曜日の13:30~16:00に開催
〈中之島・アートエリアB1〉 月2回
平日の19:00~21:00に開催
〈東京・Café Klein Blue〉 月1回
土曜日の15:00〜17:00に開催
ほか

活動内容
社会で行なわれているさまざまな対話促進活動とつながりながら
「哲学ワークショップ」などの活動を提供し、
市民が自らの哲学的対話・議論を営むことをお手伝いします。

具体的活動
◯哲学カフェ
日常生活や科学・芸術・医療などさまざまな分野のなかから
毎回ひとつのテーマをとりあげ、参加者みんなで考えます。
哲学や哲学史の知識は要りません。
進行役が交通整理をしながら議論をサポートします。
気軽にご参加ください。

◯書評カフェ
評者やゲストが本についてコメントしたあと、
参加者同士で本について、あるいは本に描かれているテーマに
ついて自由に話し合います。
最初に本の内容を紹介しますので、本を読んでない方、
本をお持ちでない方も気軽に参加していただけます。
最近では主に、中之島哲学コレージュや東京で開催しているほか、他団体と共催で医療や福祉に関する書籍や絵本を取り上げて
開催しています。

◯ミルトーク
アート作品を鑑賞しながら対話を楽しみます。
美術史や美術技法の知識にとらわれず、絵をみて感じたこと、
考えたことを自由に語り合ってみませんか?
参加者同志の対話を通じて、作品がもつ意味や可能性を発掘する
ことができるでしょう。
また、絵を介して他の人の考え方に触れたり、言葉になりきらなかった自分自身の考えを探り当てることができるかもしれません。

◯シネマ哲学カフェ
映画上映後に哲学カフェを開きます。感想を語り合いながら、映画が問いかけるテーマについて、参加者みんなで考えてみましょう。
最近は特に、シネ・ヌーヴォーにて作品鑑賞後、映画館近くの喫茶ケルンに場所を移して話し合っています。

など、ほかにも随時企画あり


発足
2005年4月2日

運営
Café Philo

発見
ネット検索

紹介サイト
Café Philo
http://www.cafephilo.jp/index.html

連絡先
Café Philo事務局
info@cafephilo.jp

文案監修: Café Philo事務局 松川さま
[PR]
by kaerugumi | 2012-06-23 03:32 | 思索