概要
想い出のある布
捨てたくないお洋服
おばあちゃんの古くなった着物
妹のシャツ
わたしの小学校時代のオーバーオール
よれよれになってしまったTシャツ

いろんなものから、
いろんなものを組み合わせて、
自然のものを取り入れたりもして
あみあみしたり…
ちくちくしたり…
だけど、がっつりがちがちに入れ込むんじゃなくて
「よい制作には よい休息から」ってところがポイント。
時には手芸を休憩して、みんなでお食事会も開催するよ。

『自由ですよ
しばられなくていいです
最近世の中きっちりしすぎるんですよ』

a0271438_0353968.jpg所在地
神戸市垂水区塩屋町
旧グッゲンハイム邸裏の長屋


a0271438_0513912.jpg開催日
毎週日曜日 夜(お風呂に入ってからぐらい)だったのたけど、実は、日曜日の夜以外にも活動している。ある意味毎日かも? 
いつ行ってもなにかに参加できそうです。

活動内容と具体的活動
みんなで手芸をしています。
チュールリボンのブローチ、ニットのヘアゴム、
コーデュロイパンツをリメイクしたり、帽子に刺繍をしたり、
ポーチ、スリッパ、もけもけミトン、
食品棚まで?? DIYだね。
それから、たいせつな人のお誕生日に
手づくりしたものをプレゼントしたりもして。
いろいろなものを手作ります。
こつこつ こつこつ つくって
いつかはお店を出したいなぁとおもっています。
今は、ネットの中のお店「minnne ミンネ」(てづくりの作品を公開・販売が出来るwebのレンタルボックス)ですこしづつ作品を紹介・販売中。

「やろうと思ってたことが達成されていくのがいいね、シュグブって。」

発足
2011年4月15日

運営
グッゲンハイム手芸部
 
発見
森本アリさんからの情報

紹介サイト
SHUGUBU グッゲンハイム邸手芸部 ウェブサイト
http://shugubu.jugem.jp/

ミンネの中の、グッゲンハイム邸手芸部のお店
http://minne.com/shugubu
[PR]
by kaerugumi | 2012-08-16 01:00 | 手づくり
概要
ボードゲームは「人生ゲーム」か「モノポリー」くらいしか遊んだことない人に、海外や国内のいろいろなボードゲームの楽しさや魅力を口頭で伝えたりする。


やっぱり実際に遊んでもらうのが一番手っ取り早いんじゃけど、最初に遊ぶゲームを提供するのも難しい。
a0271438_11174933.jpg
同じゲームでも、人によって面白いか、つまらないか感覚が違うし、一緒に遊ぶ人によっても変わってくる。

所在地
大阪市内 大国町の某事務所。で月1-2回部活動やってます。

開催日
月1-2回部活動やってます。

活動内容
大人のボードゲーム部 五条訓

1.ボードゲームを本気で楽しむ
2.会話を楽しみコミュ力を身に付ける
3.わかりやすいルール説明を心がける
4.ルールを理解する理解力を身につける
5.ボードゲームの楽しさを身近な人に伝える

具体的活動
・集合した部員と共に様々なボードゲームを行う。
・夏合宿。
・パンダ整体院ボードゲーム部さんと交流会
・お花見ボードゲームほか。

発足
調査中
運営
まえださん。

発見
大人 部活 検索

紹介サイト
大人のボードゲーム部ウェブ
http://d.hatena.ne.jp/aaabcccd/
[PR]
by kaerugumi | 2012-08-15 21:10 | 娯楽
概要
ダイレクトなコミュニケーションを求めて…。

本番直前、舞台袖で握りしめた彼女の左手は驚くほど冷たくて
心配になって、瞳を覗き込んだら
「だいじょうぶ。客席からチカラもらえるから」って言っていた。

不安もある、焦りもある、もちろんプレッシャーも、ある。
だけど  一歩、 舞台へ踏み出したなら
見る人の  拍手や  笑顔が、これまでの努力の証明になる。
自分を信じて  仲間を信じて
「 日常にアクションを起こそう! 」


所在地
稽古場として
東京都杉並区(阿佐ヶ谷、荻窪、西荻窪)の公共施設


開催日
週末土日のどちらか、原則週1回(平日稽古はありません)
公演前は午前中から稽古することもあります。


活動内容
東京都杉並区で活動している、趣味のための演劇サークルです。
現在15人ほどのメンバーが週末稽古に励み、
日々自主練に取り組んでいます。
メンバーは社会人と大学生で、決してプロではありません。
みんな本業をしながらの参加です。
プロを目指すような集団ではないので、
ストイックな厳しさは不要です。
気のいい仲間が集まり、いっしょに舞台を作る楽しさを
共有しています。
と同時に、お客様に楽しんで頂ける舞台を作るために
これからも活動の幅をひろげ、
質を高めてゆきたいとおもっています。
楽しみつつも、まじめに精一杯、演劇に取り組んでいます。


具体的活動
演劇 年1〜2回公演


◎10周年記念公演が開催されました
【クロノスを連れて】

a0271438_18455959.jpg



キミがいた「時間(あのころ)」から、
アナタのいる「時間(いま)」へ。
この声は変わらずに届きますか?









日時:
2012年7月20日(金)
7月21日(土)
7月22日(日)


場所:
明石スタジオ
(JR中央線高円寺駅より徒歩約4分)

料金:
入場無料(カンパ制)

たくさんの出会いと繋がりでactは10年を迎えました。
お越しくださったみなさま、ありがとうございました。


発足
2003年3月


運営
演劇サークルact


発見
ネット検索


紹介サイト
ウェブサイト
http://engekiact.exblog.jp/


Twitter   @engeki_act




[PR]
概要
セガレとは農家を継がずに、東京で働く農家の息子(セガレ)や娘(セガール)がたまたま始めたプロジェクト。

継いでいない後ろめたさを抱えつつも、東京にいながら農業のため地元のために何かできないかと新しい農業とのかかわり方を模索・・・・

模索している人もいるし、単に楽しいからやっている人もいるし、さっさと継いで、農業やっている人もいます。

セガレが目指していること親孝行、農家孝行、地元孝行

所在地
東京都渋谷区

開催日
不定期

活動内容
東京にいながら農業のため地元のために何かできないかと新しい農業とのかかわり方を模索、実践している。

具体的活動
・セガレマーケット
・セガレ説明会
・実家の野菜を売るぞ!
・セガレカイギ
・セガレツーリストジャパンほか

発足
2007年

運営
セガレ、セガールたち

発見
知人の紹介

紹介サイト
セガレ ウェブサイト
http://www.segare.jp/
[PR]
by kaerugumi | 2012-08-13 06:23 |
概要
お風呂がない住まいに住んでいるメンバーが、一軒のお風呂付き物件をシェアして、日常的にお風呂に入る。

所在地
東京都墨田区

開催日
お風呂に入る日

活動内容
メンバーが日常的にお風呂に入る。

具体的活動
お風呂に入って体や頭を洗い、お風呂のある部室的場所で雑談などをする。

発足
調査中

運営
爬虫類館分館関係者の方

発見
参加したイベントで知り合った方の紹介

紹介サイト
個人的なつながりによる集まりなのでサイト告知はしていない。
[PR]
by kaerugumi | 2012-08-13 05:43 | 居場所
概要
毎年2月、約15日間開かれる日本の「小樽雪あかりの路」でボランティアは祭りが開かれる場所に活動します。

初めの2、3日の間には雪像を作るのが、一番主だった仕事である、「OKOVO」には別途の会場が用意されて、韓国を表現する雪像を作ります。

この雪像は現地の日本の方々だけではなく、祭りを尋ねてくる多くの方々が関心を持って見る物なので、韓国を広報することができるいい機会でもあります。

雪像の製作以降には、祭りを美しく輝かせてくれるロウソクを管理して、雪像の補修を手伝って、観光客が祭りをもっと楽しむことができるようにサポートする役割をしています。その時には日本及び韓国の言論機関との頻繁なインタビューも行う事もあり、現地での事が記事で扱われることもあります。

なお、「韓国人」ボランティアという身分で祭りに参加するだけに、私達は行動と言葉、一つ一つを通じて日本に韓国人の真面目のところと肯定的なイメージを伝える「民間外交使節」の役割を遂行しています。

所在地
韓国

開催日
メインは「小樽雪あかりの路」開催期間中

活動内容
「小樽雪あかりの路」でボランティア活動と「OKOVO」に別途用意された会場での韓国を表現する雪像作り。

具体的活動

発足
2002年

運営
OKOVO

発見
渋谷ヒカリエでの越後妻有関連のイベントで知り合った人に聞いて

紹介サイト
OKOVOウェブサイト
http://otarusnow.org/jp_festival1.html
[PR]
概要
東京スカイツリー開発がすすむ曳舟・京島にある爬虫類館分館は、キラキラ橘商店街入口にある飲食とイベントスペース。昼はカフェ・珈琲の樹、夜はカフェ&バー(てとて)を中心に、たくさんの人とつながり、笑える未来生活を創りだしていこうと活動中。

所在地
東京都墨田区

開催日
ほぼ毎日

活動内容
カフェ、バー、ギャラリー、イベントスペースなどの活動

具体的活動

発足
2010年春

運営

発見
参加したイベントで出会った方の紹介

紹介サイト
爬虫類館分館ウェブサイト
http://www.bunkan.com/blog/
[PR]
by kaerugumi | 2012-08-12 00:09 | カフェ
概要
「ここが本、そして人と人との思わぬ出会いの場であるといい。」
オーナーの言葉が印象的なブック・アートショップ。
人と人のつながり、人と場所のつながりは、
『偶然のきっかけのもつチカラ』によって成就することもある。
すこうし並びかたを変えただけ、わずかに言葉を添えただけで、
時代を共にする誰かとの思いがけない相乗関係が
生まれるのだとしたら。
そして、人生がゆたかに、たのしくなるのだとしたら。
ガラスの扉を開いて、中に入ってみたくなる。
本に、写真に、アートに…触れたくなる。かんじたくなる。
大通りから一本外れた、ビルの5階。
手書きのメッセージボードを目印にして。


所在地
地下鉄四つ橋線「肥後橋」駅すぐ
四ツ橋筋から1本中に入ったビルの5階
大阪市西区 若狭ビル


営業日
毎週 火曜日〜土曜日
12:00〜20:00 (土曜日は 〜18:00)

2012年 7/28(土)〜9/4(火)のあいだ、月・火定休に変更
水曜日〜土曜日 12:00〜20:00
日曜日 12:00〜18:00
※8/12(日)〜16(木)は夏季休業 
(その他年に数回臨時休業あり)



活動内容
洋書からミニコミまで…
コンテンポラリーアート・写真・デザインなどのヴィジュアル書とその関連書籍、アート・デザイングッズを扱う書店をメインに、
カフェとギャラリーの3つの機能を組み合わせたスペースです。
空間を生かして、展示や講演なども開催していきます。
小さな場所ですが、アートに関わる方々、アートファンの皆さまにお集まりいただき交流を深めていただける場所として
息の長い活動をつづけていきたいと考えております。
(ウェブサイト Calo について より)


具体的活動
◯書籍の販売
コンテンポラリーアート関係書籍や写真集、リトルプレスも
取り扱う。

◯カフェ
引き立ての豆で入れる本格派コーヒー、
ホームメイドのお菓子や、チキンカレーも人気です。

◯ギャラリーでのアート作品展示

◯アーティストを講師に招いたトークイベントや
ワークショップの開催


◯大阪のインディ系書店が開催するイベントで
フリーマーケット出店

など多彩。




発足
2004年4月2日


運営
Calo Bookshop & Cafe


紹介サイト
*ウェブサイト
http://www.calobookshop.com/



発見
ネット検索
フリーペーパー SUPER No.006
(野崎泉さん:文)



文案監修 : Calo Bookshop & Cafe
[PR]
by kaerugumi | 2012-08-07 13:05 | カフェ
概要
ひとつ屋根の下で。

平成の『トキワ荘』にならい、ミュージシャン・小説家・革職人がひとつ屋根の下で共同生活をしながら、
ストリートライブ・企画コンサートなどで生計を立てつつ、
作品制作をしている。
a0271438_20591769.jpg

格好わるいけど、格好よく。
ありのままにのびのびと。
今日もぼくらは、誰かと笑って過ごしています。
「 ぼくたちのファンになってください!」


所在地
大阪府柏原市
easel art cafe 2・3階
*1階はカフェ・たこ焼き屋さん。 2階・3階が住居兼練習スペース

開催日
練習・自己研鑽は毎日
路上ライブは随時
企画コンサート開催時

活動内容
各地でのライブイベントや、美術館やホテルでの企画コンサート、ストリートライブやコラボレーションステージを通して、
表現や作品を磨いている。

具体的活動
◯ストリートライブ
心斎橋・淀屋橋・梅田新阪急ホテル前・近鉄奈良駅前など

◯大阪市の道修町にある少彦神社(神農さん)と、同じく大阪 の北浜にある、「五感」本館 2階(ケーキサロン)で、毎月1日開催されている『堺筋 街角コンサート』に、
さらに、毎月第2・4金曜日の月2回、リーガロイヤルホテル堺で開催される『ポルタスマンスリーコンサート』において、他のさまざまなアーティストの方々の活動と交互になるような形で、ゲスト出演している。

◯2011年3月 ビルボードライブ大阪で行われた初のワンマンライブ
2011年5月 関西最大の春フェス『コヤブソニック2011』に参加

◯2012年1月 通天閣を全館貸し切った自主企画ライブ
5月には、通天閣史上初となるオフィシャルバンド『通天交響楽団』をイーゼル芸術工房メンバーから編集結成

◯奈良県葛城市の有機野菜農家「永座有機園」とのジャンルを超えたコラボレーション!
として、路上ライブ時に野菜を販売。
《 土と優しさとこだわりのついた旬のもの。
こんな幸せ、みなさまに、ほんの少し、お裾分け。》

発足
2009年 共同生活開始

運営
イーゼル芸術工房


淀屋橋

ウェブサイト
http://easel-art.sub.jp/about.html
[PR]
by kaerugumi | 2012-08-07 05:59 | 音楽
イーゼル芸術工房のメンバーの内の8名で結成された、大阪通天閣史上初のオフィシャルバンド。
大阪・新世界にそびえる通天閣は、2010年7月3日に
100周年を迎えます。
通天閣観光の高井隆光副社長が通天閣界隈をさらに盛り上げようと
イーゼル芸術工房に、通天閣展望台や3階特設ステージなどでの
ライブを提案し「大阪から世界へ」元気を発信するバンドとして
音楽活動を開始しています。

ゴールデンウイーク期間中の5月3日にはお披露目ライブを開催。
通天閣100周年記念ソングを発表。
ジャズ調で「これまで100年間愛してくれてありがとう。
これからの100年、通天閣100周年記念ソングともども、
よろしくお願いいたします!!」の思いとともに、
通天閣の展望台にて、全6曲の大阪の魂を吹き込んだオリジナル
ソングを、こころを込めて披露しました。

また、「幸福の神様」として親しまれ、5月に惜しまれつつ引退し社長室で保管されていた2代目のビリケン像が
「通天交響楽団」に仲間入り。第2の人生を歩むことに!
通天交響楽団の9人目のメンバー!
32年間、たくさんの人たちに、幸せやラッキーを届けた
ビリケンさんは、これからも、通天交響楽団とともに、
たくさんの人にラッキーパワーを届けます!!
ライブステージにともに出演するほか、ご来場の皆様にも足の裏を触ってもらって、変わらぬ幸運をお手元にお届けします。
メンバーの竹下壽晃さんは
「できれば東日本大震災の被災地もみんなで訪ねて、
ビリケンさんと一緒に元気と笑顔を届けたい」と語っています。



通天閣でのライブ情報は、「通天閣Blog」に随時掲載。
http://www.tsutenkaku.co.jp/blog/


通天交響楽団のNEWS掲載サイト
◯読売新聞 YOMIURI ONRINE 2012年6月18日掲載
◯あべの経済新聞 ウェブサイト 2012年05月03日掲載



通天交響楽団メンバーは、イーゼル芸術工房での路上ライブ活動も並行させながら、
CDリリースに向けての作業中。

『去年のぼくたちは、ちょうど今頃、
釣りでなんとか食料を確保出来ないかを模索しておりました…。
人生、何があるか本当にわかりませんが、
今日も精一杯あがこうと思います。』


通天交響楽団は本格的活動を始動しております!
大阪府内だけでなく、全国各地で演奏会を開催いたします。
[PR]
by kaerugumi | 2012-08-07 05:58 | 音楽