みんなで朝まで騒いではしゃいで、眠ります。
そこには、止みがたく得たいの知れぬ夢や歓びに溢れた
「いまを生きる人間」たちがいました。
息が切れる ほど笑って手を叩けば、
それに応えて四畳半が膨らんでどこか飛んでゆけそうでし た。
無条件にいろんな人が出入りし、またいつでも会えると思ったら、
もう会えなくなってしまった人もいます。
時計の針は進んでいきます。
あの夜にみんなで帰りたいと思うこともあるけど、
我々は「いま」を生きるしかありません。

<掲載写真と文 = 橋本大和 (写真家)>
(劇団子供鉅人の宣伝美術も手掛ける)
http://www.hashimotohirokazu.com/
ナダール大阪facebook  http://www.facebook.com/nadar.osaka
a0271438_1434479.jpg

概要と開催日
「4 1/2」は、大阪天六のとある路地裏長屋の四畳半空間のこと。
「劇団子供鉅人(こどもきょじん)」代表の益山貴司氏がふつうに住まう、路地裏・木造築百年の長屋の一空間に集いくるさまざまな、ひとびと。
まるでおばあちゃんの家みたいで、
はじめて来たのに…なつかしい、におい。

ココはイマとカコとミライが混在している。
性別も、職業も、国籍も、関係なく、みんながごちゃまぜに集まっては、バカやって、笑って、そうしていろいろ考えたり、悩んだりも、夢見たりも。する。

月に一度ほど、1階部分が、カフェバー空間「ポコペン」になる。
オープンは「劇団子供鉅人」facebookサイト内で告知あり。
(※プライベートオープンなので看板はありません!)

所在地
大阪市・天六

具体的活動
展覧会やライブ(あがた森魚や大友良英ら大御所ミュージシャンからインディーズまで、国内外を問わず実験音楽、ポップス、フォーク、ジプシーなどジャンルレスに展開中!)も開催し、毎年春には「劇団子供鉅人」による公演も開催。畳敷きのいわゆる9坪長屋の座敷にて、20名の観客限定で行っているロングラン公演です。
「せまい家の中での上演」というシバリを逆に利用し、演劇の空間の可能性を探っています。

紹介サイト
劇団子供巨人facebook https://www.facebook.com/codomo.k
ウェブサイト  http://kodomokyojin.com/

a0271438_21124716.jpg

『いわば都会の不思議スポット。メルティンポット。』
部屋全体に満ち溢れる、たわいもない、
そしてかけがえのない時間へのオマージュ。
フェデリコ・フェリーニの『8 1/2』のセリフのように。
この、畳の上にちゃぶ台、裸電球の下で
「人生は祭りだ、ともに生きよう。」
[PR]
by kaerugumi | 2014-01-21 23:19 | 居場所
a0271438_18411768.jpg

概要
cafeを拠点に人がつながる。

その昔、パリやモンマルトルの cafe がアーティストたちの
交流と創作の拠点だったように
日常の中で なにかシンボリックな空間や場所があれば
人々は 語りあい つながりあい
ネットワークが発生するのではないだろうか。
個人主義が進み 地域コミュニティが崩壊してしまった今こそ
昔ながらの cafe が必要なのでは?
という着眼から生まれたスペース。
cafe を名乗らず、あえて 幅を持たせた意味の cafe?
DOU と表記せず、DO!(活動・行動)してほしいとの
おもいを込めて命名。

所在地
石川県野々市市

開催日
毎週 月〜日曜日 (火曜日と第三水曜日は定休日)
8時〜25時
水曜日は17時〜25時

活動内容
何でもできるカフェのある町…がコンセプト。
五十川堂は,ノマドな方,コワーカーの方にも使いやすいお店と
自負しています。
もちろん,それ以外の使い方も自由です
デートでも,暇つぶしに読書でも,店長とバカ話でも,自転車整備(こんな店はあんまりないか?)でも
カフェってそんなもんじゃないですか?
最近何でもカテゴライズしますがカフェなんて所詮カフェ。
お客さん次第です!
五十川堂 ゆる〜く営業しています。
是非一度来店して自分なりの使い方を見つけて下さい。
(五十川堂ブログより引用)

具体的活動
◯レゴ部  毎月1回
大人になっても,楽しめるレゴ!
大人だからこそ本気で楽しみましょう。
もちろん,子供の方の参加もお待ちしています。
月一回,3時のおやつの時間から開催です。
ルールや約束事はなく、自由にパーツを取って好きな形に
組み上げます。
作るものは十人十色、人さまざまです。
「デザインはパソコン上でするのが当たり前の時代にあって、
手で組み立てるのが面白い。レゴは想像力をかき立てられる」
とのすてきな意見も。

◯トイカメラ&クラカメ部  毎月第1木曜日夜8時
最新の一眼レフから本当にトイカメラ・コンデジまで、
入口はどうあれ参加者のみなさん写真が好きという共通点で
老若男女問わず参加してもらっています。
最近カメラ買ったけど使い方がわからない
もう少し写真を上手くなりたい
写真友達が欲しいっていう人、お気軽にご参加下さい。

◯昼写真部 毎週日曜日11時  
日曜の昼下がりに,写真談義でもしませんかという
軽いノリのイベントです。
お気軽にどうぞ!

◯テキサスホールデムポーカー 毎週水曜夜8時
一番長く続いているイベントではないでしょうか?
欧米では知らない人がいないくらい有名なゲームです。
心理のスポーツとしてスポーツ専門チャンネルESPNで
大会が放送されているくらいです。
初めての人にもルールを丁寧に教えます。
友達でも誘って気軽にご参加下さい!

◯ブクブク交換  毎月1回
毎回テーマに沿った本を持ち寄り,プレゼンして集まった
メンバーと本を交換するイベンです。
????って人,一度参加してみるのが手っ取り早いです。
参加すると面白さにハマると思います!

ほかに
プレゼンnight 毎週月曜夜9時半 
アジャイルサムライ読書会 隔週金曜日夜8時 
など
多種多様なおもしろい部活やイベントがあります。
随時皆様からイベント企画の持ち込みもお待ちしています!


*ちゃんとカフェだから…ドリンクmenuも充実。
ギャラリーや写真スタジオとしての利用など、多目的使用も可能。
常に「動こうとしている人」を応援。


発足
2010年8月20日

運営
五十川堂 (cafe? IKAGAWA DO! )

発見
ネット検索
中日新聞Web記事

紹介サイト
五十川堂
http://ikagawado.blogspot.jp/
中日新聞Web
http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/
[PR]
by kaerugumi | 2014-01-19 22:00 | カフェ
概要
静岡市内の主婦たちで作った人形劇団です。
市内を中心に人形劇公演活動をしています。
子供たちの感性を豊かに養うこと、親同士の交流もとても大切。
子育ては、きっとひとりで、寡黙にするものじゃないんですよね。
地域のみんなで、つながりあって、支え合って、
楽しく愉快にすればいい!
こどもたちを笑顔に、そして、ママもパパも笑顔に。
笑顔を連鎖させる、楽しい活動を続けています。


所在地
静岡市 中島児童館
静岡市駿河区


開催日
児童館での定期上演は月初1回
練習などは平日の午前中


活動内容
子育て支援の一環になれば良いなという思いから、自分たちにできることを自分たちなりにのんびり活動しています。
プロの劇団ではないので、公演料はいただきません。

現在の活動範囲は静岡市内です。静岡市外への拡張も検討中です。


具体的活動
保育園・幼稚園・児童館・生涯学習センター・子育て支援センター
などでの
・人形劇
・エプロンシアター
・パネルシアター
・忍者修行
・コント いずみちゃんとみさこちゃん


発足
平成12年4月


運営
人形劇サークル あっぷっぷ 参加メンバー


発見
ネット検索


紹介サイト
ウェブサイト
http://www.a-pupu.com/


ブログ
http://apupu.eshizuoka.jp/c8253.html
[PR]