宇宙作家クラブ

概要
宇宙作家クラブ(Space Authors Club)は,宇宙開発に関心を持つクリエーターの集団です。一昨年の火星探査機「マーズ・パスファインダー」の成功や,昨年1998年の国際宇宙ステーションの組み立て開始など,人類の宇宙活動は1986年のシャトル「チャレンジャー」爆発事故の後遺症からようやく蘇り,再び活発化しつつあります。しかし,肝心の宇宙開発関係の情報の流通は,残念ながらあまりよくありません。マスコミはイベントを追うだけで,体系的な情報は入手しずらいのが現状です。宇宙開発に興味を持った初心者へのケアも足りてはいません。

 マス・マーケットへの訴求力の強い,フィクションの分野への情報の流通はお寒い限りです。現在流通している宇宙関連の小説も映画もアニメーションも,現実の宇宙開発関係者との情報流通がほとんどない状態で制作されています。

 また,宇宙分野でのノンフィクションを指向する者も具体的にどこにどのようにアクセスすれば良いのか分からない,またアクセスしても,現在の日本の社会では,個人資格での取材は非常に限定されてしまう,という問題に悩まされています。

 しかし思い出してください。ジュール・ヴェルヌが「月世界旅行」を書かなければ,ゴダード,オーベルト,フォン・ブラウンなどの宇宙開発の先達らは,ロケットを作ろうなどと思わなかったでしょう。手塚治虫氏が「鉄腕アトム」を書かなければ,日本のロボット工学は現在の水準に達することはなかったでしょう。

 フィクションには長期的に見てそれだけの影響を,現実の技術開発に与える力があるのです。ノンフィクションの重要性については申すまでもないところでしょう。

 現状を打破し,作家,漫画家,イラストレーター,ノンフィクション・ライター,音楽家など,広義のクリエーターの間に「著作のヒント」となるような宇宙開発関連の情報を流通させるために,我々はこのクラブの設立しました。

所在地
調査中

開催日
不定期

活動内容
宇宙開発現場の取材,宇宙開発関係者を招いての勉強会など

具体的活動
トークライブ「ロケットまつり4~ロケット一代男再び」
トークライブ「ロケットまつり3」 ~ロケット一代男がやってくる!~
蒸気機関車の見学、体験運転 他

発足
1999年7月

運営
宇宙作家クラブ

紹介サイト
http://www.sacj.org/index.htm


連絡先
smatsu@sacj.org
[PR]
by kaerugumi | 2012-06-23 03:33 | 学び